05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

函館旅行記 Vol.2

2008.10.14 (Tue)

函館山から南東に下がったところに、立待岬がある。
晴れた日には下北半島も見える、風光明媚な場所。

立待岬 No.4 立待岬 No.3
立待岬 No.2


残念ながらこの日は、天気が良かったんだけど、下北半島が見えなかった・・・・(* ̄ω ̄)遠い目
あんまり天気が良すぎてもダメみたい。

ここ立待岬には、皆さんがよく知っている人のお墓や歌碑が残っています。
写真には残していませんが、石川啄木一族の墓があります。

そして、与謝野寛・晶子の歌碑

立待岬 No.1

啄木の墓参りに訪れた、与謝野寛・晶子夫妻が読んだ
「浜菊を郁雨が引きて根に添ふる立待岬の岩かげの土 寛」
「啄木の草稿岡田先生の顔も忘れじはこだてのこと 晶子」
が、刻まれています。

なんか、石川啄木は若くして死を迎え、そしてこれほどに愛されていたのかな~って思いました。

近くの売店で売ってるツブを食べながら、北海道文学の一遍に触れてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
08:44  |  旅の記憶  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tachiblue.blog90.fc2.com/tb.php/3-0dd62c14

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。