10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

この時期になると思いだす・・・

2010.04.08 (Thu)

札幌のいた頃、友達が引っ越すので手伝って欲しいと頼まれ、手伝いに行きました。

郊外なのですが少し大きめな部屋に無事に引越し、「明日も休みだし、今日は飲み明かそう!」との言葉。

手伝いは6人いて、各自色々と酒の肴やビールや焼酎を買ってきました。

引越し祝いも兼ねての宴会なので大いに盛り上がり、1人また1人と酔い潰れていきました。

自分もいつの間にか酔い潰れていたらしく、ソファーで寝ていました。

すると、ユッサユサ体をゆする奴がいるんですよ。

先に酔い潰れてしまったんで、友達が起きろと言わんばかりに揺らしてるんだな~って思っていたんですが、何も声をかけないんですよ。

だた体をユサユサ揺らしてるだけなんです。

あんまり揺らされてるので、声を出そうとしたんですが声が出ない・・・・

手を動かそうとしても動かない・・・・

おかしい・・・・

これは金縛りに有ってるなと思った自分は、思い切って目を開けることにしました。

揺らされてる中、見たものは・・・

ソファーの下から出ている手が、自分の両肩を握って揺らしてました!!

このまま揺らされてるのも悔しいので、「コラー!!」って叫んでやろうと思い、思いっきり「コラー!!」と叫んだ瞬間金縛りもとけ、向かいで横になってた友達に向かって叫んでました。

友達は「何!?」ってキョトン顔してましたが、そんな顔してる場合じないよ!って言いたくなりましたよ。

かなり後からその話をしたんですが、その家自体には何にも変な事も無く普通に暮らしてました。

もちろん、自分も何事もなく暮らしてましたよ。

多分・・・・かなり大盛り上がりをしてたから、楽しいな~って思ったのが入って来たんでしょうね。

この時期になると思い出す話でした・・・・・。
スポンサーサイト
21:31  |  怖い話  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

こう暑くては・・・・

2009.08.05 (Wed)

久しぶりに暑い日がやってきました!

スッキリとした青空にサンサンと降り注ぐ太陽の光!!

今年初の夏日って感じです。

やっぱ、ある程度暑い日になると、あちこちで聞こえてくる怪談話・・・・。

今日は、ちょっとだけ自分が体験した話を紹介します。




高校2年の冬の話です。

おじいちゃんが入院してから2ヵ月が立とうとしていたある夜のことでした。

母親は先に寝ていて、自分は茶の間でテレビを観ていました。

すると母親の寝室から声が聞こえるんです。

「あら~、来てたの。全然気がつかなくてゴメンね。」

ん?

こんな時間に誰も来てないし、来てるとしたらテレビの前を通らないと母親の寝室までは行けないはず。

不思議に思いながらもテレビを観ていると、母親はやっぱり誰かと話をしてるようなのです。

気になって声をかけ、ドアを開けると、そこには母親が1人ベットに座っているだけ。

「な~、いま誰かと話してなかった?」

「あ~、おじいちゃん来てたんだよ。」

「ん?来るわけないよ。入院してるっしょや。」

「最後のあいさつに来てたんだよ。」

そうい言うと、何事も無かったかのようにベットにはいる母親。

それから3日後にじいちゃんは亡くなりました。

その日の夜にじいちゃん家に集まり、明日の準備のために1人、また1人と居なくなりました。

気付くと従兄と2人だけ。

すると・・・・・風呂場で誰かがお風呂に入る音が!

ザパ~ン

お湯が湯船からあふれる音。

「誰か帰ってきて風呂に入ってるんだな。」そのくらいに思っていたんだけど、いつまでたっても上がってこない。

不思議に思い、風呂場を覗くと・・・・・

湯船のふちまでお湯が入ってました。

その時、従兄は2階で誰かが歩いてる音を・・・・。

みんなが帰ってきてから話をすると、「じいちゃん、帰ってきてたんだよ。」って言ってました。

後で話を聞く、兄妹みんなの家にじいちゃんが来ていたそうです。

怖くはなかったけど、不思議な体験をしました。
病院にいた頃には話の出来なかったじいちゃん。みんなにお別れを言いに行ってたんだね。
19:39  |  怖い話  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。